カテゴリー

◆無農薬栽培 野菜
◆無農薬米 減農薬米
みかん類 (柑橘類)
国産レモン
いちご(12〜4月)
りんご 各種(8〜3月)
いちじく
キウイ フルーツ(12〜3月)
柿(11〜1月)
もも (6〜8月)
さくらんぼ(6月)
梅(6〜7月)
洋梨(10〜1月)
ブルーベリー(6〜7月)
ぶどう(8〜10月)
梨(なし)(8〜11月)
栗(9〜12月)
マンゴー(5〜8月)
バナナ
ドラゴンフルーツ(7〜10月)
パイナップル(パイン)
トロピカルフルーツセット
メロン(6〜8月、磐田は年中)
かりん(10〜1月)
アボガド
◆天然、自然飼育食肉
国産黒毛和牛
豚肉 (銘柄豚)
鶏肉(シャモ・マガモ)
天然イノシシ肉
鹿肉
ひつじ肉
ハム・ソーセージ
天然自然の恵み(たけのこ、山菜ほか)
丹波の黒豆
◆近海物の魚介 海藻
◆本来の味のたまご
◆無添加のケーキ、お菓子、スイーツ
◆天然酵母のパン
玄米パン
◆くだものを絞ったジュース
食用バラのジュース、ジャム
◆水 お茶 茶葉
国産はちみつと蜂蜜加工品
◆無添加の調味料
からだに優しいオイル
◆和食総菜(梅干し、佃煮、漬物ほか)
宇都宮の餃子
米沢のレトルト総菜
◆鍋料理セット
◆食事制限の方への天然酵母パン
◆生活習慣病が気になる・体質改善したい方
◆体質改善の為の食材、茶
◆自然由来のサプリメント
◆調理器具など
◆輪島塗
東日本支援
旬のフルーツ
沖縄のくだもの・特産品
水切りトマト
2018年 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 店長紹介
観光立県の沖縄は、これから過ごしやすいシーズンになり、毎週どこかで、大きなイベントがあります。 今週...
 
 
 
 
 
 
SSL グローバルサインのサイトシール
 

トップ > ◆水 お茶 茶葉 > 静岡興津川のお茶 > 静岡興津川上流で低農薬栽培 手作り上煎茶 100g(平袋)

静岡興津川上流で低農薬栽培 手作り上煎茶 100g(平袋)



★同一日、同一生産者、同一配送先にご注文の場合は、
送料が重複しますので、差引きいたします。
楽天からの確認自動返信メールの後、自然堂本舗から正しい金額をお知らせいたしますので、
その金額でのお支払いをお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------


東京で飲んだことのないお茶が出迎えてくれた。

鮎つりファンならおなじみといえる清流、興津川。その上流の山あいにお茶の“やまよ”があります。
店舗兼事務所に入ると、店主の山崎さんがすぐお茶を入れてくださいました。口に含むとふわ〜と香りが広がります。
ほのかな甘味がのどに残ります。
どう?といった感じで私たちの顔を見る山崎さん。
その表情は自信ありげです。
おいしいという言葉はあまりに陳腐なので一生懸命表現を探して、やっといえたのが、「東京で飲んだことないです」でした。
「そりゃそうだよ、水も違うしな」。


-----------------------------------------------------------------------------
両河内と書いて“りょうこうち”と読みます。山崎さんのお茶は“両河内茶”。

山崎さんのお茶畑をご紹介いただいたのは、静岡を中心に幅広く事業を展開されるグループの中の食品会社の社長さんです。
「あそこのお茶を知ったらもう他のはね。それとわさび漬けがこれまた最高ですよ。皆様おなじみのものとはレベルがちがいますよ」
そこでお茶のお話の後、わさび畑にも連れて行っていただくことになりました。
さて、まず、お茶から。最高のお茶を極めるのに必要なものは?という素人質問に山崎さんはさらりと答えます。
「経験だよ。指、目、感触が選び、決めるよ。」
もちろん地理的条件や気候条件なども大きく左右します。
興津川流域の澄み渡る空気と水、そして朝晩に発生する霧に包まれるここ両河内地区はおいしいお茶の最高の恵みの地です。


-----------------------------------------------------------------------------
八十八夜前後の20日間は眠れないよ、心配で心配で。

山崎さんの息子さん、貴正さん。東京で就職を考えたけれど結局故郷でお茶づくりを引き継ぐことに。
頼もしい若き経営者です。
夏も近づく八十八夜になると、お2人の1日は朝5時にお茶畑へ行って露を飛ばすことから始まります。
この作業の手を抜くと摘んだとき露がお茶の茎に滲入して味が落ちてしまいます。
7時くらいから茶摘みがスタート、12時には工場へ運び込み、夜10時まで仕上げにかかります。
やまよさんにとってはこの季節がある意味で忙しいけれど丹精込めたお茶づくりの結果が出る時期、そして評価を受ける時期です。心配で眠れないのも当然です。

安全性のポイントである農薬について聞いてみました。
“不思議なものでうまいものほど虫が付く、人間と同じだよね”と苦笑いの山崎さん。
“上手においしいものをつくればつくるほど虫に好かれるという皮肉な現象が起こるのだそうです。
だから最小限ギリギリの農薬は使っているけれど安全性についてはまったく問題はないのでご安心してお召し上がりくださいとのことです。
それと、お茶畑の近くの清流にわさび畑があります。

ここでとれたわさびに独特の味付けをしたわさび漬けを口にした時、わさびの味を生まれて初めて意識しました。絶品です。
水も空気も人の心も澄んだ所、そこからしかおいしくて安全なものは生まれない、山崎さん親子とお会いして心からそう思いました。
,BR>山崎さんの興津川上流に来るまでの平坦なお茶畑です。
山崎さんの茶畑は山の中です。
商品コード : YA-KS-01
価格 : 税込価格 1,598
ポイント : 79
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません