カテゴリー

◆無農薬栽培 野菜
◆無農薬米 減農薬米
みかん類 (柑橘類)
国産レモン
いちご(12〜4月)
りんご 各種(8〜3月)
いちじく
キウイ フルーツ(12〜3月)
柿(11〜1月)
もも (6〜8月)
さくらんぼ(6月)
梅(6〜7月)
洋梨(10〜1月)
ブルーベリー(6〜7月)
ぶどう(8〜10月)
梨(なし)(8〜11月)
栗(9〜12月)
マンゴー(5〜8月)
バナナ
ドラゴンフルーツ(7〜10月)
パイナップル(パイン)
トロピカルフルーツセット
メロン(6〜8月、磐田は年中)
かりん(10〜1月)
アボガド
◆天然、自然飼育食肉
国産黒毛和牛
豚肉 (銘柄豚)
鶏肉(シャモ・マガモ)
天然イノシシ肉
鹿肉
ひつじ肉
ハム・ソーセージ
天然自然の恵み(たけのこ、山菜ほか)
丹波の黒豆
◆近海物の魚介 海藻
◆本来の味のたまご
◆無添加のケーキ、お菓子、スイーツ
◆天然酵母のパン
玄米パン
◆くだものを絞ったジュース
食用バラのジュース、ジャム
◆水 お茶 茶葉
国産はちみつと蜂蜜加工品
◆無添加の調味料
からだに優しいオイル
◆和食総菜(梅干し、佃煮、漬物ほか)
宇都宮の餃子
米沢のレトルト総菜
◆鍋料理セット
◆食事制限の方への天然酵母パン
◆生活習慣病が気になる・体質改善したい方
◆体質改善の為の食材、茶
◆自然由来のサプリメント
◆調理器具など
◆輪島塗
東日本支援
旬のフルーツ
沖縄のくだもの・特産品
水切りトマト
2018年 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 店長紹介
観光立県の沖縄は、これから過ごしやすいシーズンになり、毎週どこかで、大きなイベントがあります。 今週...
 
 
 
 
 
 
SSL グローバルサインのサイトシール
 

トップ > ◆近海物の魚介 海藻 > 香住の松葉蟹(がに) > 仲買業者が厳選、山陰香住から直送
ずわいがに焼きがに、かにすきセットLLL4匹分

仲買業者が厳選、山陰香住から直送
ずわいがに焼きがに、かにすきセットLLL4匹分



送料
一律 580円

商品内容

ずわいがに(ロシア産) 8肩(4匹分) たれつき

商品説明

一年を通してお届けできます。(冷凍)カニすき用だし付き

香住のカニ専門仲買商加悦(かや)さんが選び抜いたズワイガニですから、
甘い身がしっかりついています。

◎カニすきレシピ

カニと適当な野菜(普通の鍋物と同じような野菜)を用意します。
熱湯につけてカニの色が変わったらOKです。セットのだしで。
つけすぎると風味が少なくなりますのでご注意!
食べ終わったら「カニ雑炊」。
ご飯はお湯にひたひたくらいの少な目がgood。
火が通ったら卵をかきまぜます。
卵の色が変わったら、お好みでポン酢、七味などで・・・。

配達の形 宅配便(冷凍)
賞味期限

6ヶ月





11月6日、かに漁解禁、香住の港はさらに熱くなる。

11月6日、零時、香住港沖には緊張感が頂点に達します。
晩秋と初冬のはざまといえる日本海、風も波も冷たいのですが熱気があふれています。
この日、この時を待ちわびて集結した30艘に及ぶ蟹とり漁船、時計が午前零時を指す!
さあ、戦いです。蟹漁解禁です。
“何度経験しても鳥肌立つよなぁ”と、この道30年のベテラン漁師さん。
しかも戦いの時間は夜明けまでのわずか5〜6時間です。

空が白み始めるころ船は港へ戻ります。
そしてそこで再び“競り”という戦場が展開されます。

 
始めての人には外国語のようにしか聞こえない符丁が飛び交います。
ほんの数時間前までは、300メートルの深海にいたのです。
折あらば海へ逃げ戻ろうといわんばかりの元気衰えぬ松葉がにを仲買人たちが取り囲みます。
捕獲後即寄港というこの時間の短さがまさに鮮度という旨さのもとなのです。



冬の日本海の温度がこの極上の旨みを作り出します。貫禄の存在です。

松葉がにとは、ずわいがにと呼ばれる寒く冷たい海の底、250m〜450mに棲むかにのことです。
オスの大きさは甲の長さ12cm,甲幅13cmくらいで、メスはその半分の大きさです。


11月を過ぎて初冬を迎えた日本海、海底の温度は冷たさを増し、ある一定の温度で安定します。
実はこの温度の安定が松葉がにの旨さの源。
さらに、豊富なミネラルが加わって、あのキュッと締まった肉とほのかな甘味が生まれるのです。
まさに日本海の冬の味覚の王者の名をほしいままにしています。
港に着いたばかりのこれぞ獲れ立ての松葉がにを一口いただく幸せに恵まれました。
言葉はありません。カメラマンはシャッターを押すのを忘れていました。

蟹の旨さともてなしの心の暖かさ、冬の香住のおすすめの宿は、民宿「水明荘」さん。

この季節、近くの温泉地は京阪神からやってくる蟹食べ放題ツァーのバスで大賑わいになります。
しかし、自然堂本舗に松葉がにを提供してくださる蟹かやさんが経営される
「水明荘」という民宿の食卓はまさにカニづくしというよりカニ攻めという感じです。
オーナーのお母さんが実にお元気で、かにを次々と惜しげもなく運んできます。
「たんと、(たくさん)食べなはれや〜」といいながら。心が温まる笑顔です。本当にしみじみします。
それにもうダメ!というぐらい食べたのに、
お母さんがつくってくださる最後のカニ雑炊はまたスルスルとお腹におさまってゆくのです。
幸せです。いい宿でした。

商品コード : KA-YA-02
価格 : 税込価格 9,936
ポイント : 496
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません